伊予市 多重債務 法律事務所

伊予市に住んでいる人が借金・債務整理の相談するならどこがいい?

借金が返せない

自分1人ではどうしようもならないのが、債務・借金返済の問題です。
金額が多くなってしまい、利子くらいしか返済できない。
借金返済問題は、一人で悩んでいても解決するのは難しいでしょう。
伊予市にお住まいの人も、まずはインターネットの無料相談で、弁護士・司法書士に相談してみませんか?
いきなり事務所に出かけて直接相談するよりも、インターネットの無料相談の方が、落ち着いて相談できるかもしれません。
もちろん、伊予市の方でもOKな法務事務所・法律事務所を紹介しています。
1人で悩まず、司法書士・弁護士に相談することが、借金解決への第一歩です。

伊予市在住の方が借金・多重債務の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

伊予市の借金返済・債務問題の相談なら、こちらの事務所がお勧め。
弁護士が対応してくれて、しかも全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が無料だから、現在の手持ちがなくても安心です。
弁護士費用の支払は、分割払いもOKです。
相談料金はもちろん無料!
借金督促のSTOPも可能です。
自己破産、任意整理、個人再生、過払い金、など、借金や債務について無料相談することができます。
しかも、窓口では365日24時間、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(通話代金無料)で相談受付できるので、借金返済で悩んでいる方も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国に対応している、過払い・債務の悩みを相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、あなたに適したやり方で、どうしようもないほどの借金問題を解決に導きます。
それと、過払い金の返還請求は、初期費用0円、取り戻した過払い金から料金を支払えます。
任意整理でも、和解成功報酬や減額報酬などは一切取らないので、お得に解決できます。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口も用意されているので、女性も安心して相談できます。
まずは気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

こちらも全国に対応している司法書士事務所なので伊予市の方も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、その度に号泣してしまうという、涙もろい一面も。
債務整理の費用は分割払いも可能なので安心です。
職場や家族にバレないよう徹底配慮をしてくれます。
借金返済の問題は、1人で悩まず、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



伊予市近くにある他の弁護士や司法書士の事務所紹介

伊予市には複数の法律事務所・法務事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●亀岡奈美司法書士行政書士事務所
愛媛県伊予市米湊722-2
089-983-2017

●竹本厚良司法書士事務所
愛媛県伊予市下吾川1438-6
089-982-1651

●西山和敬司法書士事務所
愛媛県伊予市米湊333-3
089-982-7167

●上田司法書士事務所
愛媛県伊予市米湊333-3
089-982-4211
http://ueda-shiho-shoshi.jp

地元伊予市の法務事務所や法律事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ですが、いきなり直接相談するより、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、気負わずに相談できるという方も多いのではないでしょうか。

伊予市で多重債務に困っている場合

キャッシング会社やクレジットカードのリボ払いなどは、高い金利が付きます。
15%〜20%も金利を払うことになってしまうのです。
住宅ローンの金利は0.6%〜4%(年)ぐらい、車のローンの利子も1.2%〜5%(年)ぐらいですので、ものすごい差です。
さらに、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに利子を設定するキャッシング業者だと、金利0.29などの高利な金利を取っていることもあるのです。
とても高額な金利を払い、しかも借金は膨らむばかり。
借金を増やしたのは自己責任なので仕方ないのですが、高い利子で額も大きいとなると、なかなか完済は難しいでしょう。
どのようにして返すべきか、もうなにも思い付かないなら、法務事務所・法律事務所に相談するしかありません。
弁護士・司法書士ならば、借金返済の解決策をきっと見つけてくれるでしょう。
長期計画での返済かもしれませんし、過払い金の返還で返さなければいけない金額が減るかもしれません。
まず相談する、これが解決するための第一歩です。

伊予市/債務整理のデメリットはどんなものか|多重債務

債務整理にも色々な手口があり、任意でクレジット会社と協議する任意整理と、裁判所を通じた法的整理である個人再生または自己破産という種類が在ります。
じゃ、これらの手続についてどの様な債務整理のデメリットがあるのでしょうか。
これ等の三つの手法に共通していえる債務整理のデメリットというと、信用情報にそれらの手続きをやった事実が載ってしまうということですね。俗に言うブラック・リストというふうな情況に陥るのです。
そうすると、大体5年〜7年ほどは、ローンカードがつくれなくなったり借入れができない状態になるでしょう。だけど、貴方は返済額に日々苦しんでこの手続きを実際にする訳なので、もうちょっとだけは借り入れしない方が良いのじゃないでしょうか。じゃクレジットカード依存にはまっている方は、逆に言えば借入が不可能になる事により出来ない状態になる事により救済されるのじゃないかと思われます。
次に個人再生または自己破産の債務整理の欠点ですが、官報にこれ等の手続を進めた旨が載ってしまう事が挙げられるでしょう。けれども、貴方は官報等見たことが有るでしょうか。むしろ、「官報って何?」といった人のほうが多数いるのではないでしょうか。
現に、官報は国が作るする新聞に似たような物ですけれども、金融業者等々のごく僅かな人しか目にしてません。ですので、「自己破産の事実が御近所の人々に広まった」等という心配はまず絶対にないでしょう。
最終的に、破産独特の債務整理デメリットですが、1辺破産すると7年という長い間、2度と破産出来ません。そこは注意して、2度と自己破産しなくても済むように心がけましょう。

伊予市|個人再生は、弁護士と司法書士どちらがよい?/多重債務

個人再生を進める場合には、司法書士・弁護士に相談することができます。
先ず、司法書士に個人再生の手続きをゆだねた際は、書類作成代理人として手続きをしてもらうことが可能なのです。
手続をやる場合には、専門的な書類を作成してから裁判所に提出することになるだろうと思いますが、この手続を全部任せる事が可能ですから、面倒くさい手続きをおこなう必要が無くなるのです。
ただし、司法書士の場合、手続の代行をする事はできるんだが、代理人じゃない為に裁判所に出向いた際に本人のかわりに裁判官に回答することができないのです。
手続きを行う中で、裁判官からの質問を投掛けられたとき、自分自身で回答しなければなりません。
一方弁護士の場合では、書類の代行手続だけじゃなく、裁判所に行った場合には本人の代わりに回答をしてもらう事が出来ます。
弁護士は、個人再生をはじめとする債務整理手続きに精通している状態になりますから、質問にもスムーズに返事する事ができるし手続きが順調にできる様になります。
司法書士でも手続をすることはできるが、個人再生に関しては面倒を感じる様な事なく手続をやりたい時には、弁護士に委ねる方が一安心する事ができるでしょう。

関連ページ